<   2008年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

茨城県笠間市にて

c0176103_18503436.jpg8月31日は、早朝相馬を発ち、常磐線で南下して水戸を経由し、笠間市を訪れました。

笠間は日本三大稲荷の一つの笠間稲荷神社(→)があり、また、笠間焼きでも有名なところです。

笠間工芸の丘、陶芸美術館、笠間日動美術館など、文化的な香りがする町でした(徒歩だったので、実際に足を運べませんでしたが)。

笠間駅に早めについたので、笠間駅から笠間稲荷神社までのんびり歩きました。

報告会は笠間市公民館で行われたのですが、予定を上回る116名の方が参加下さいました。
判決冊子を100冊しか送っていなかったので(8月最後の日曜日の午後でしたので、70人も来れば大成功、と思っていました)、多くの方に御迷惑をおかけしましたが、嬉しい誤算でした。

質問の時間も1時間くらいたっぷりあったので、多くの方の質問に答えることができました。
どうしても判決報告となると判決文の解説で時間が終わってしまい、裁判の経過や判決の影響、運動の教訓などに時間が割けません。笠間ではじっくり話ができて良かったです。

「主文で負けた、ということをどう捉えて良いのか」「違憲判決が出たのに、自衛隊は撤退させなくて良いのか」という質問に丁寧に応える時間がいつもないのですが、今回は少し丁寧に(それでも分かりにくかったかもしれませんが)お話ができて良かったです。

違憲判決が出たのに、撤退をしなくて良いのか、という質問には、

「確かに、違憲判決が出たとしても(仮に主文で勝っていたとしても、また最高裁で主文でも勝ち、違憲判決が出たという究極の場合でも)、直接国の派兵行為をストップさせる強制力は、日本の裁判所には認められていません。システムの問題です。
その意味で、違憲判決には一発の破壊力はありません。

しかし、裁判所の違憲判決は、主文の結論如何に関わらず、政府に対する「有罪判決」であることに他なりません。三権の一つであり、違憲立法審査権を持つ裁判所が、国が行っていることに対して、「間違っている」と公的に認めた事実は極めて重いものです。しかも今回は、高裁判決という権威ある判決ですし確定もしています。

これに対し、政府は判決後は判決軽視発言しかできていません。国会論戦でも、政府は派兵の違憲性についてまともな反論は全くできていません。イラク派兵が違憲であることをむしろ自認するものです。
イラク派兵が違憲違法であり、誤っていることが公的に証明された事実は極めて重いものです。

その結果(他の要因ももちろんありますが)、事実上、イラク派兵の年内撤退も決定せざるを得なくなっています。
また、派兵恒久法のプロジェクトチームも完全にストップしています。違憲判決の内容を精査すればするほど、この違憲判決を乗り越えた形での「合憲」のロジックの組立はおよそ不可能だからです。

また、石破元防衛大臣も「違憲判決が世論に影響をおよぼすことは十分ある」などと国会でも答弁し、また、佐藤正久参議院議員も、「違憲判決が世論が結びつくと、ボディーブローのように効いてくる」と述べています。

私たちがこういった判決報告会を広げ、この違憲判決を市民の中に広げていくこと自体が、さらなる海外派兵を食い止めていく大きな力になるのだと思います。

今日これだけ多くの方が足を運んでくださったこと、そのこと自体がともて重要です。

そしてさらにこの判決の学習会を周りにどんどん広げていってください。

それが平和を実現していく大きな力になっていきます。」

というような話しをさせて頂きました。

9月現在も毎日のように全国から判決報告会の依頼が寄せられます。まさに佐藤議員が恐れる「世論と違憲判決との結びつき」が拡がっている証拠です。

報告会が終わった後は笠間駅前の「グリュイエール」というおしゃれな喫茶店で10名くらいのみなさんと1時間半くらいゆっくり話ができました。
みなさんの肩に力の入っていない自然体がとても心地よかったです。
皆さんの話もたくさん伺えて良かったです。

陶芸家の方から素敵なコーヒーカップを頂きました。

また、グリュイエールの焼き菓子の詰め合わせもお土産に頂きました(グリュイエールはケーキも焼き菓子もとても美味しい。個人的には「ヤーコン」のマドレーヌの「やーこんにちは」がネーミングとともに味も一押し。)

笠間駅から車で15分ほどの友部駅で夜7時過ぎの「フレッシュひたち」に乗り、夜11時過ぎに名古屋の自宅につきました。

密度の濃い、充実した2日間でした。
[PR]
by iraben | 2008-08-31 23:12

南相馬市と相馬市にて

8月30日、福島県北部太平洋側に位置する相馬市と南相馬市(旧原町市)にて報告会をさせていただきました。
相馬は野馬追(のまおい)で有名な街。少し早めについたので、南相馬市博物館に足を延ばし、相馬との馬追の歴史に触れてきました(立派なシアターがあり、ほぼ独占して相馬の歴史を学ぶことが出来ました)。

野馬追はさかのぼれば平将門の野馬追に起源を持ち、相馬では1323年ころから行われるようになったといわれています。今では毎年7月23日から25日まで3日間行われます。
甲冑をつけた「武者」がまたがった騎馬が総勢500騎も繰り出す伝統行事で、まさに圧巻です。
何と今でも総大将は相馬家の当主だそうで、総大将の号令で野馬追が始まります。
歴史の重みを実感いたしました。
おそれいりました。

違憲判決の報告会はまず南相馬市の原ノ町駅のホテルで2時から行われました。会場一杯になり、皆さん熱心に違憲判決の内容に向き合ってくださいました。これまでこういった集まりに足を運んだことがない方も大勢参加頂いたようです。地元に新しい広がりができたようで何よりでした。

報告会の後、少しの時間懇親会を持って頂き、地元のあったかい雰囲気が良くわかりました。
学校の先生方(あるいは退職者)が主催をしてくださったのですが、みなさん、善良な学校の先生を絵に描いたような方達ばかりで、子どもたちにも誠実に向き合っているのだろうな、と思いました。

次の報告会は7時から相馬市の「はまなす館」というところで行いました。

主催者の一人の新妻さんからは、「こじんまりした集まりですから適当で結構です」と言われていたのですが(少ない人数でも適当に話すことはありませんが)、実際に行ってみると土曜日の夜にもかかわらず、会場一杯に参加者が詰めかけてくれました。「人づてに聞いて、足を運んだ」という方も多く、主催者の方達も半分くらい知らない人だったとのことでした。

報告会が終わった後、相馬の居酒屋で主催をしてくれた4人の方と夜11時半頃まで酒を酌み交わしました。

地元で「中島ストア」を経営されている中島さんは、店で刺身の対面販売もしているそうです(めちゃめちゃ美味いらしい)。
中島さんはいつも刺身を裁きながら、お客さんに社会の様々な問題について議論をふっかけるそうで、お客さんはといえば中島さんが刺身が裁き終わるまではその場を離れることもできず(しかも中島さん、包丁持ってますし…)、議論に付き合わされるようです。その結果店に二度と来なくなる人と、やみつきになる人と極端に二分されるとのこと(だろうなぁ)。

自分の自宅のそばに中島ストアがあったら、やっぱりやみつきになるだろうな、と思える、とても明るい、豪快な方でした。
今度相馬に来たときには、絶対中島ストアに行きます。

また、その日一日車の送り迎えをしてくださった(翌朝も旅館まで迎えに来てくださいました)新妻さんは、味のある方で、口数は多くはないのですが、あったかーい人でした。相馬のことなどもいろいろ教えてくださいました。天候が悪かったためいろいろ御迷惑もおかけしました。

南相馬でも、相馬でも、とても味のある魅力的な人達に会えました。
皆様に感謝。川口 
(写真は左が中島さん、右が新妻さん)c0176103_1831472.jpg
[PR]
by iraben | 2008-08-30 23:16

沼津に行って来ました(スペシャルゲストも登場!)

8月23日、静岡県沼津市に報告に行ってきました。当日は少し小雨もぱらつき、涼しいと言うより寒いくらいでしたが、60人くらいの方が会場まで足を運んで下さいました。

その中に何と東京の池田香代子さんがわざわざ足を運んでくれました。

池田さんは「世界がもし100人の村だったら」などで有名な方ですが、この名古屋の裁判の原告さんでもあります。
そして4月17日の違憲判決も、名古屋の法廷で歴史的瞬間を共有してくださいました。

報告会では、スペシャルゲストとして池田さんからも貴重なお話を伺うことができ、会は大いに盛り上がりました。

報告会終了後は、池田さんも交え、沼津の皆さんと交流を深めることができました。沼津の皆さんと池田さんに深く感謝。(川口)
[PR]
by iraben | 2008-08-24 15:16