「イケママ報告会旅行記 疾風怒濤編」


 子どもが小さい関係で報告会は県内中心なのですが,8月24日の東京都・高島平での報告会だけは遠征してきました。実は,住んでたんです。高島平。父の転勤で,2歳~4歳と小1~小3まで。懐かしかった!!

 当然この報告会も家族旅行で行ってきたわけですが,語るも涙,聞くも涙のこの強行スケジュール。夫婦共々30代(泣)。

 まず,8月22日~23日は,福井県・敦賀で,児童虐待にとりくむ弁護団の合宿がありました。23日は午前8時に敦賀を出て,茨城県・鹿島へ。そう,Jリーグ開幕以来16年間,公式戦はおろかプレシーズンマッチも含めてすべて名古屋が負けている(引き分けすらない),まさに鬼門,あの鹿島スタジアムへ!(皆さ~ん,ついてこれてますか~?)

 子どもは敦賀の海での海水浴を主張しましたが,東名高速がポケモンスタンプラリーをやっていてよかった!ゲットだぜ!!なんて言いながら,9時間かかりました。

 頑張って運転していった甲斐あって,そうです,この日のカシマスタジアムは名古屋の歴史的勝利でした。試合終了のホイッスルが鳴った瞬間,隣の席の誰彼なく握手し,肩を抱き合い,涙する。不本意にも新聞の扱いは小さかったですが,スタジアムは「歴史的」勝利にふさわしい空気に包まれていました。子どもを抱きあげタオルマフラーを振りながら,4/17歴史的判決の日,会う人会う人握手していたことを思い出していました。

 この日は,潮来で1泊。何故か,夫の後輩が同じ部屋に泊まって祝杯をあげていましたが,そんなことは気にせず,翌24日も午前8時発でようやく高島平へと向かったのでした。
 高島平では,報告会の前には懐かしい場所を案内していただきました。本当にありがとうございます。通っていた小学校,住んでいたアパート,赤塚公園,東京大仏,遠いように感じていた駅ってこんなに近かったっけ?

 初めて会う方たちばかりなのに,「ホーム」という雰囲気の中で報告させていただきました。とても熱心に聞いていただき,私たちが「加害者」としての立ち位置にいること,平和的生存権の活かし方についての意見交換がなされました。生存権が切り崩されている現状と平和的生存権との関係についても話題となりました。

 そういえば,東京では航空自衛隊よりも陸上自衛隊の方がなじみがあるという声も聞かれ,前の日,東京へ向かう高速で,陸上自衛隊のトラックが荷台のスペースに隊員の方々を乗せて走っていたことを思い出しました。後部座席でシートベルトの着用が義務老づけられたというのにどうしたことか,これも人の命の軽視の表れかと感じました。
 別れを惜しみながら名古屋へ。3日間で20時間を車で過ごしました。豊橋あたりで,子どもがとうとうキレて,「おふとんで寝たい!足延ばして寝たい!!」。
 そうだよね。おふとんで足延ばして寝るってことが幸せだもんね。何でか涙がでて,疾風怒濤の報告会旅行記,完なのでした。(byイケママ)
[PR]
by iraben | 2008-09-29 12:29
<< 佐賀県弁護士会のプレシンポに呼... 「イケママ」とイラク派兵差止訴訟 >>