大垣に行って来ました。

9月5日、9条の会・おおがき 第5回総会に呼んでいただき、出かけてきました。

 この会は4周年を迎える会で、発足総会のときになんと、このイラク訴訟の訴状の学習会をして下さったそうです。その後、4年を経て、今度は高裁の違憲判決の学習会ができることに、弁護団の一員として感激ひとしおでした。

 学習会には約50名の会員の方がお集まりくださいました。
 昨年夏に作られた、イラクの実情を伝えるDVD「イラク 戦場からの告発」を一緒に見て、判決文を会場の方に手分けして頂きながら読んでいただきながら、「白リン弾ってこんなにひどい爆弾なんですよ」、「去年1年で1447回の空爆っていうことは、1日に平均して何回の空爆をしているということでしょう?」などのやりとりを踏まえて、判決文とその意義について、思うところをお話させてもらいました。

 会が終わった後の感想文では、参加して下さった高校生の方から「私でもわかりやすい判決文でした」と言っていただきました。周りのお友達にも判決のことを伝えてくれると嬉しいです。また、今日の学習会をきっかけに活動を開始するんだ、と判決全文冊子を何冊も買って帰って下さった方もいらっしゃいました。

 終わった後には、事務局の皆さんと懇親会で親睦を深めました。今が旬!のサンマの刺身とカツオの藁焼きがとっても美味でした♪。9条の会・おおがきでは、高校生など若い世代の平和活動の支援もしているんだそうです。どうやって高校生とお近づきになれるのかしら--聞きそびれてしまいましたが、またの機会に是非お聞きしてみたいです。

 誰でも出入り自由、オープンでフランクな会の雰囲気を感じて、帰宅の途につきました。
(た)
[PR]
by iraben | 2008-09-05 23:03
<< 名古屋の学生さん達のピースアク... 「全国制覇」にご協力を >>