福田首相辞任について

9月1日、福田首相辞任情報。去年も同じようなことがあったので、もう誰も驚きませんね。

去年の安倍首相と同じ時期、そして同じ理由であることを見ておく必要があると思いました。いずれも、年明けのテロ特措法の延長問題を視野に、成立が困難と見るや政権を投げ出す始末。

福田さんはテロ特措法をさらに延長させることが臨時国会の最も重要なテーマといっていました。それができないと判断したので政権を投げ出したました。安倍さんも「テロ特措法延長に職を賭す」といって見事に憤死しました。

お二人とも日本の国民のことなど目に入っていないことがよく分かりました。アメリカとの「公約」で頭がいっぱいなようです。残念なことです。


これから総裁選、そして新総裁の下、一気に衆議院選挙へということにもなりそうです。

なんだかよく分からないうちに衆議院選挙が始まり、情緒的な選挙報道に惑わされながら、争点も曖昧なまま選挙が終了、どういった政権になっても、年明けには何となくテロ特措法延長、ということにはならないようにしたいものです。

何より、選挙のどさくさにまぎれさせることなく、年内にはイラクから自衛隊の撤退を実現させましょう。川口
[PR]
by iraben | 2008-09-01 23:04
<< 岡山地裁で山田朗先生尋問 茨城県笠間市にて >>