松江に行って来ました。

少し前になりますが、7月11日に、島根県の松江に報告会に行って参りました。

松江は、イラク弁護団の田巻紘子さんが2001年に1年間司法修習をさせて頂いたところで、本来は田巻さんが行ければ良かったのですが、私が代打で行って参りました。

松江は変わらず水が豊かでとても綺麗な街でした(2001年ころ、故あって私も松江に何度も足を運んだので…)。

講演では、判決文の内容を通して、私たちが今何をこの判決から学ぶのかということを皆さんと確認し合っていきました。

来年には、国民投票が出来るようになります。「政権交代」の高揚感や、政界再編などのどさくさに紛れて、「憲法改正」の雰囲気を作り出していく危険もあります。海外派兵も拡大していく路線に大きな変更もないと思われます。

そのことを考えると、この8月末の選挙後の、9月以降は改めて気を引き締めて、それぞれ各地で、それぞれのアイデアで、あるいは例えば9条の会などを通じてさまざまな取り組みをしていく必要があると思います。

というようなこともお話ししました。

報告会の後には、皆さんと親睦を深めることが出来ました。

田巻さんが修習をした2001年には、弁護士は23人くらいでしたが、今は既に倍の46人となっているということを聞いて、驚きました。隔世の感です。

田巻さんがお世話になった岡崎由美子弁護士のところにも、若い素晴らしい弁護士が二人も入っていらっしゃいました。
今回、そのお二人にもお会いできてとても良かったです。

報告会ではいつも全国各地で、それぞれ頑張っている方がたくさんいらっしゃることを実感させていただけます。今回も元気を頂きました。
[PR]
by iraben | 2009-07-21 13:07
<< リーフ20万枚突破 選挙+国民審査は8月30日 >>