弁護団は解散しません

2月23日の訴訟の会の解散総会で、最後の弁護団の解散報告、の場面で、内河弁護団長が、何と「弁護団は解散しません!」というサプライズ発言をされました。

こうして引き続き弁護団は活動を継続することとなってしまいました。

確かに、手綱を緩めることが出来ない、むしろ大変な状況が続いています。

政府はソマリアに自衛隊を派兵しました。自衛隊法では許されないはずなのに、それを無視して派兵を強行しました。日本は一人前の法治国家ではない、という悲しい現実を世界にアピールしました。「国際貢献」以前の話です。

イラク派兵差止訴訟弁護団は、今年に入ってからも報告会を引き続き行っていますが、田母神問題やソマリア問題など、違憲判決を軸にしながら話すことが増えています。

事実を知り、そして違憲判決を武器に、声を挙げ、市民の力を発揮していきましょう!
[PR]
by iraben | 2009-03-17 21:14
<< やります。違憲判決1周年記念集会! 訴訟の会の総会報告です >>