12月23日集会は大成功。2009年、良い年にしましょう!

12月23日,名古屋市内の愛知県勤労会館で開いた「空自撤退! みんなで勝ちとった違憲判決全国集会」は大成功のうちに終わりました。愛知県外からも全国から(北は北海道から南は沖縄宮古から)多数お集まり頂きました。会場のイスが足りなくなり,立ち見をお願いした方も多数いらっしゃいました(伏してお詫び致します)。

集会では,市民の力で違憲判決を勝ち取ったことと,違憲判決を力に,まさに12月23日にイラクからの自衛隊の部隊の撤退を実現させたことを大勢の皆さんとともに確認し合いました。

そして,それぞれ限られた時間でしたが,違憲訴訟紙芝居に始まり,全国の訴訟を闘った原告、弁護士の皆さんのリレートークと続き,後半は長沼訴訟などで弁護団の中心を担い,このイラク訴訟全国弁護団のご意見番を務めて下さった内藤功さん,元レバノン大使で名古屋訴訟の原告の天木直人さん,法廷で平和的生存権の証言をして下さった小林武さんにお話し頂きました。
その後,中谷弁護士,川口弁護士と続き,最後に池住さんに将来の展望を語って頂き,平和な社会の実現に向かって確信を持ちながら、そして皆さんの熱気の余韻を残しながら、集会を終えていきました。

国内ではアフガンへの給油に続き,派兵恒久法の流れが根強く残っています。その他,貧困問題は深刻化し,他方で軍事に依存する傾向が強まっています。
また,国外に目を向ければイスラエルのガザへの侵攻など,深刻な問題は続いています。

しかし,私たち市民は諦めない。諦めずに声を挙げ,闘っていけば,必ず道は開かれる。
このことを違憲判決の過程で私たちは学びました。

諦めずに声を挙げる。そのことを胸に刻みながら,多くの皆さんとともに2009年を少しでも良い年にしていきたいと思っています。

今年もよろしくお願い致します。

                                        イラク訴訟名古屋弁護団一同
[PR]
by iraben | 2009-01-05 14:57
<< 【緊急】パレスチナ市民への医療支援 行った報告会は270件突破・ひ... >>