会津に行きます

今年に入ってから、ようやく講演の数も落ち着きましたが、今でも各地で呼んでいただいています。
今月末には会津に伺います。紅葉がきれいだと良いです。
[PR]
# by iraben | 2010-10-09 10:44

4月17日・違憲判決2周年企画

4月17日、イラク派兵違憲判決2周年企画として、「安保と平和的生存権」をテーマにシンポジウムを、名古屋駅近くの産業労働センターにて開きます。

沖縄の基地問題、米兵犯罪による被害、自衛隊員の人権を守る闘い、そして自衛隊の海外派兵に対する闘い、それぞれ安保によって生じている問題でもあり、かつ、平和的生存権をかけた闘いでもあります。

それぞれの取り組みをつなげていく機会になれば、と思っています。

詳しくは追って改めて告知させていただきます。

ご予定を開けておいてください。
[PR]
# by iraben | 2010-03-18 00:42

3月21日明治大学にて

3月21日、午後5時から東京・千代田区駿河台の明治大学リバティータワーにて、イラク戦争検証ネットワークによる集会があります。

高遠菜穂子さんやジムネットの佐藤さんから、イラクの現状について報告があります。
その他、様々な角度から話があると思います。

名古屋から、川口も参加します。

東京近郊の方は是非ご参加下さい。
[PR]
# by iraben | 2010-03-18 00:37

3月20日名古屋YWCAにてイラク開戦7年集会

3月20日午後1時半から、名古屋YWCAにて、イラク開戦7年集会を開きます。

イラク戦争について改めて振り返るとともに、この間の日本社会の変容、とりわけ自衛隊の変容について学びあいたいと思います。

昨年、イラクでの空自の活動内容が開示されましたが、その分析を大阪のイラク訴訟の原告だった大垣さんがして下さいます。

また、イラク人医師2名のビデオメッセージがあります。

そして、東京新聞の半田滋記者による講演があります。

とても充実した内容になると思いますので、是非ご参加下さい。

参加費は資料代500円です。
[PR]
# by iraben | 2010-03-18 00:34

イラク戦争とイラク派兵の検証を

イラク戦争を支持したこと、イラクに自衛隊を派兵したことについて、政府にしっかり検証を求めよう、という取り組みを始めています。

全国的な取り組みにしていきたいと思います。
[PR]
# by iraben | 2010-02-07 16:27

いよいよ国民審査

いよいよ国民審査です。まだの方は投票所にて皆さんの意思表示をなさってください。
liveinpeace(リブインピース)もご覧下さい。
[PR]
# by iraben | 2009-08-30 17:30

8・21全国一斉裁判所前行動

皆様

平和のための国民審査実行委員会です。
「平和のための国民審査」(竹内バッテン)運動を全国各地で進めていただき、感謝しています。
おかげさまでわずか1月の間で全国の皆様に20万枚のリーフを届けることが出来ました。

竹内行夫元外務事務次官(外務官僚のトップ)・現最高裁裁判官は、名古屋高裁が憲法9条に違反するとした違憲のイラク派兵を押し進めた当時の責任者です。
あろうことか、麻生内閣は、この竹内氏を違憲判決(去年の4月17日)後の去年の10月に最高裁裁判官に任命しました。
これは麻生内閣による「平和憲法、違憲判決。そんなの関係ねえ」との意思表示に他なりません。

これに対して、市民の中に「違憲のイラク派兵を進めた竹内行夫氏は、憲法の砦としての最高裁裁判官にふさわしくない、最高裁裁判官を辞めさせよう(罷免させよう)」という声が、一気に全国で広がっています。

この声を一斉に形にしよう。そしてしっかり裁判所にも伝えよう。そういった声もこの間多数寄せられています。

そこで、下記の行動を皆さんと一緒に起こしたいと思います。日にちが迫っていますが、出来る範囲で取り組みを作っていければと思っています。

■タイトル 『平和のための国民審査(竹内バッテン)・全国一斉裁判所前・直接行動8.21』
■日時 :8月21日(金曜日)午後5時から6時まで
■場所 :全国各地の裁判所(支部を含む)、あるいはその付近で一斉アピール行動
 ※東京は、霞ヶ関の東京地高裁の正門前。イラク派兵差止訴訟全国弁護団の弁護士も多数参加します。
■アクションを起こしていただけるところでは、リーフレットを各自印刷をしてください(HP http://liveinpeace.jp/ からダウンロードできます)。白黒で構いません。また、内容についてアレンジいただいても構いません。
■なお、リーフレット現物がほしい、という方は至急荒尾法律事務所(052-587-3900)まで「裁判所前行動をするので送ってくれ」とご一報下さい。在庫がほとんどございませんが、100枚程度であれば何カ所かにはお送りできます。
■裁判所(特に支部)は、場所によっては職員も、また人通りも少ないところもあると思いますが、アピールを行うこと自体が裁判所への「意思表示」になると思います。2,3人の少人数から一緒に行動をしていきましょう。
■「8月21日は無理」という場合にも、翌週のどこかで、短時間でも裁判所前で行動を起こしてくだされば、その分運動が広がります。
■アピールをする際には、HP( http://liveinpeace.jp/ )の掲示板に「ここでアクションするよ」とお知らせ下さい。また、アクションの後にも掲示板に声を寄せてください。
■かならず、地元の新聞社には事前に「全国一斉の行動をここでもするよ」と連絡をしてください。
■この運動は公職選挙法には触れませんので、選挙日当日にこのリーフレットやそのコピーを投票所の入り口などで配ることも可能です。最後まで少しずつでも広げていきましょう。
[PR]
# by iraben | 2009-08-18 00:12

掲示板を作りました

「平和のための国民審査」の全国各地のそれぞれの取り組みのために,掲示板を作りました。
下記のHPの中に作っています。ご活用下さい。
http://liveinpeace.jp/
[PR]
# by iraben | 2009-08-07 12:13

リーフ20万枚突破

「平和のための国民審査」リーフですが、御陰様で20万枚を突破いたしました。
皆様ありがとうございました。

しかし、各選挙区毎に具体的に見た場合、まだまだとても「相対多数」をとることすら難しい状況です。

これまで関心があった人にも、十分届いていないのではないか、と思います。

もう一回り二回り頑張らないと、と思っています。

いつもの繁華街、だけでなく、地元選挙区で、候補者が演説していきそうなところにも足を運んで広げていきたいと思います。
[PR]
# by iraben | 2009-07-29 13:23

松江に行って来ました。

少し前になりますが、7月11日に、島根県の松江に報告会に行って参りました。

松江は、イラク弁護団の田巻紘子さんが2001年に1年間司法修習をさせて頂いたところで、本来は田巻さんが行ければ良かったのですが、私が代打で行って参りました。

松江は変わらず水が豊かでとても綺麗な街でした(2001年ころ、故あって私も松江に何度も足を運んだので…)。

講演では、判決文の内容を通して、私たちが今何をこの判決から学ぶのかということを皆さんと確認し合っていきました。

来年には、国民投票が出来るようになります。「政権交代」の高揚感や、政界再編などのどさくさに紛れて、「憲法改正」の雰囲気を作り出していく危険もあります。海外派兵も拡大していく路線に大きな変更もないと思われます。

そのことを考えると、この8月末の選挙後の、9月以降は改めて気を引き締めて、それぞれ各地で、それぞれのアイデアで、あるいは例えば9条の会などを通じてさまざまな取り組みをしていく必要があると思います。

というようなこともお話ししました。

報告会の後には、皆さんと親睦を深めることが出来ました。

田巻さんが修習をした2001年には、弁護士は23人くらいでしたが、今は既に倍の46人となっているということを聞いて、驚きました。隔世の感です。

田巻さんがお世話になった岡崎由美子弁護士のところにも、若い素晴らしい弁護士が二人も入っていらっしゃいました。
今回、そのお二人にもお会いできてとても良かったです。

報告会ではいつも全国各地で、それぞれ頑張っている方がたくさんいらっしゃることを実感させていただけます。今回も元気を頂きました。
[PR]
# by iraben | 2009-07-21 13:07